Japanese Menu

English Menu

受賞(Award)

2018年度

6/13 和田隆博教授がHAWAIIのWaikoroaで開催された7th edition of the World Conference on Photovoltaic Energy Conversion (WCPEC-7)で、PVSEC AWARDを受賞しました。
Prof. T. Wada has been one of the world’s leading researchers in polycrystalline thin film solar cells. He was a project leader at Matsushita Electric (Panasonic), and his group achieved efficiency of about 18% by originally developed composition-control technology for Cu(In,Ga)Se2 solar cells in 1996. He is currently a professor at Ryukoku University, and he is also a fellow of The Japan Society of Applied Physics (JSAP).

2014年度

9/5 前田毅博士が新潟県朱鷺メッセで開催された開催されたICTMC-19(International Conference Ternary and Multinary Compound)でYoung Researcher Award を受賞しました。 ICTMC-19(International Conference Ternary and Multinary Compound)
September 1-5, 2014, Toki Messe(Niigata Convention Center), Niigata, Japan
[Thu-O-1A]
TiTle “First-Principles study on alkali-metal effect of Li, Na, and K in Cu2SnS4 and Cu2SnSnSe4 Authors : T. Maeda A. Kawabata and T. Wada
Affiliations : Department of Materials Chemistry, Ryukoku University


5/31 大学院修士課程2年の竹井康二君がFranceのLilleで開催されたE-MRS 2014 SPRING MEETINGでBest Presentation Award を受賞しました。 E-MRS 2014 SPRING MEETING
30, 2014, Congress Center – Lille, France
Symposium : A “Thin film chalcogenide photovoltaic materials”
A.P4 28
TiTle “Crystallographic and optical properties of CuSbS2 and CuSb(S1-xSex)2 solid solution” Authors : K. Takei, T. Maeda, T. Wada
Affiliations : Department of Materials Chemistry, Ryukoku University

2013年度

9/20 大学院修士課程1年の山本貢一君が2103 JSAP-MRS Join Symposia でBest Poster Award を受けました。 2013 JSAP-MRS Joint Symposia Symposium U: Transparent Contacts for Electronics and Renewable Energy Technologies
September 16-20, 2013, Kyotanabe Campus, Doshisha University, Kyoto.
Title “Fabrication of transparent p-type conductive BaCuSeF films by pulsed laser deposition and their application to CdS/CdTe solar cells”
Authors : K. Yamamoto, H. Okamoto, H. Sakakima, T. Wada, R. Hayashi, Y. Ogawa and T. Okamoto

7/20 前田毅博士が2011年に書いた論文がJJAP-Most Cited Articles 2012に選ばれました。 Title “First Principles Calculations of Defect Formation in In-Free Photovoltaic Semiconductors Cu2ZnSnS4 and Cu2ZnSnSe4″
Authors: T. Maeda, S. Nakamura, and T. Wada
Jpn. J. Appl. Phys. 50, 04DP07 (2011). (DOI: 10.1143/JJAP.50.04DP07)

2012年度

9/11 和田隆博教授が応用物理学会から第6回(2012年度)のフェロー表彰 を受けました。


6/1 和田隆博教授が小長井誠日本学術振興会 産学協力研究委員会 次世代の太陽光発電システム第175委員会委員長から、第9回次世代の太陽光発電システムで発表した論文に対してイノベイティブPV賞を受賞しました。

2011年度

12/9 和田隆博教授が松井一郎大阪府知事から長年のニュ-セラミックス懇話会の役員として協会の振興と大阪府の産業の発展に尽くしたことにより表彰されました。
11/19 助教の山添先生が第31回(2011年秋季)応用物理学会講演奨励賞を受賞しました。10/15 和田隆博教授が門川大作京都市長から大学の町京都・学生のまち京都推進特別表彰を受けました。

2010年度

2011/3/17 大学院修士課程1年の小堀晃弘君と山添誠司助教が撮影した
「共焦点レ-ザ顕微鏡によるNaNbO3薄膜のドメイン構造」が
日本セラミックス協会第36回学術写真賞「最優秀賞」を受賞しました。
domain structure

11/19 前田毅 革新的材料プロセス研究センタ-博士研究員が
第29回(2010年秋季)応用物理学会講演奨励賞を受賞しました。

2008年度

11/24 修士課程1年の中村哲士君が第25回(2008年秋季)応用物理学会「講演奨励賞」を受賞しました。
10/29 助教の山添先生が第1回SPring-8萌芽的研究支援ワークショップでSPring-8萌芽的研究アワード 最優秀賞 を受賞しました。

2007年度

10/29 修士2年の小山 智行君が16th IEEE International Symposium on the Application of Ferroelectrics (ISAF2007)においてStudent Paper Competotion Award を受賞しました。